NUC 公益財団法人日本ユニフォームセンターはオフィスユニフォーム、学生服、スポーツウエアをはじめ企業や各種団体の制服やユニフォームデザインの研究開発をする内閣府認定公益財団法人です。

 NUC紹介ムービー
大きな画面で見る

ユニフォームWEB講座 ユニフォームの歴史からその役割までたのしく学びましょう!

ユニフォーム相談室

内閣府認定 公益財団法人 日本ユニフォームセンター TEL:0120-240617 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-21 TEL(03)3401-2111 FAX(03)3402-266

NUCラベル

NUCラベル エコロジーウェア

RSS

RSS情報配信について

事業概要

ユニフォームに関する診断、相談、助言事業

診断、相談、助言特徴

公益性の観点から
・当法人はユニフォームデザインの研究団体であり、デザイ ン及び仕様の確定までは、非営利団体としての立場であるため(脱営業的)、受託先として適任です。

公平性の観点から
・公益法人として公平、公正な立場でアドバイスできます。
・デザイナーと着せる側、着る側とのつなぎ役が使命であり、デザインの修正、変更等によきアドバイザーとなり得ます。

専門性の観点から
・当法人が備蓄してきたユニフォームに関する専門的ノウハウをフルに活用できます。
・当法人と関係が深く、かつユニフォームデザインに強いデザイナー群の活用が可能で無駄がありません。

効率性の観点から
・スペック(製作仕様)の確定後に入札を行うことにより、 製作発注が容易で、かつ安価となります。
・ユニフォームの製作をスムーズに進めるには、着る側、着せる側、作る側の充分なコミュニケーションが重要。 当法人は、それらのつなぎ役として極めて経験豊富です。

診断、相談、助言業務内容

ユニフォームができるまで

ユニフォームのデザイン開発にあたっては、労働科学、人間工学、繊維科学、色彩学、流行分析、生産性研究など各種の基礎研究が行われます。NUCでは相談、診断、助言を通じてこれらをユニフォームの機能性、デザインなどに活かしています。

  1. 1.予備調査ユニフォーム作りの第1歩、NUC局員を現場に派遣、着用状況、管理状況などのデータ収集など実施
  2. 2.本調査予備調査後、各分野の専門家によるコンサルティング・チームを編成、現場調査、労使双方の意見聴取
  3. 3.デザインの基本方針調査により集まった資料に基づいてデザイン会議。色、型、素材、デザインコンセプト作りの上、基本方針を確認する
  4. 4.サンプル提示基本方針に基づいて、オリジナル型紙、主・副素材の選定と検査を経て実物サンプルを製作し、提示する
  5. 5.生産仕様書の製作十分な試着検討ののち、デザインを最終決定し、量産用の仕様書及び型紙を製作。入札、見積合わせ等に関する業務アドバイス
  6. 6.量産製品監修納入先決定後、仕様書に基づき、量産工場側とのミーティングを重ね、縫製指導に入る。抜取検査も大切な作業、これで完了

▲ページのトップに戻る

メールでのお問い合わせ